平成28年度「えひめ教育の日」推進大会・推進フェスティバル

〜“わ”をひろげ()(がお)かがやくえひめっ子〜

 本年度で第9回目となる「えひめ教育の日」推進大会・推進フェスティバルを、10月30日(日)に西条市総合文化会館において盛大に開催しました。中予地区で開催していた大会を第7回からは今治市、八幡浜市と東予・南予地区で開催し、今年度は西条市開催です。各地で開催することにより、「えひめ教育の日」制定の趣旨を県下に広げ、浸透させ、大きな成果を得ることができました。

 大会には、西条市内の小・中・高校の教職員、PTAの皆様合わせて300名を超える参加者を中心に、県議会、県教育委員会そして市町教育委員会関係者をはじめ、関係38団体の会員を加え、500名近い県民参加者のもと、盛大に開催することができました。

 推進大会では、「えひめ教育の日」推進会議の一色会長のあいさつ、愛媛県議会議長様からのご祝辞を渡部県議会文教警察委員様に披露していただき、そのあと青野西条市長様、井上県教育長様からご祝辞をいただきました。続いて「えひめ教育の日」推進宣言を行い、今後の取組のさらなる活性化を誓いました。そして、関連写真大賞受賞校(3校)の表彰を行い、推進フェスティバル出演者・関係者全員に、(株)松山青果から「愛のあるバナナ」の贈呈が行われました。

 推進フェスティバルにおいては、西条市内の小・中・高校生による、素晴らしい学習発表、箏演奏、そして合唱が披露され、最後には地域の祝太鼓保存会による息の合った太鼓により、大会に彩を添えていただきました。またロビーでは、西条市内5県立学校の物産販売・学校学科紹介、そして、作品の展示等が行われ、参加者でにぎわいました。

 記念講演では、諸富祥彦氏(明治大学教授)をお招きし、「ふれあいが心を育てる」という演題で、和気あいあいの中でワークショップを取り入れながら、人と人とのつながり、ふれあいの大切さを参加者全員で実感することができました。




















.トップページへ